無形文化遺産の大坑舞火龍 ワークショップで伝統保護

無形文化遺産の大坑舞火龍
ワークショップで伝統保護

香港島・大坑(タイハン)で中秋節に行われる「ファイヤー・ドラゴン・ダンス(大坑舞火龍)」は100年以上続く人気イベント。
同イベントは2011年に「国家無形文化遺産」のリストに入り、今年3月には內地で選ばれる50項目の「優秀保護実践案例」のひとつに認定されている。
康楽及び文化事務署では、無形文化遺産の継承人や関連団体と密に連絡をし、同署管轄のもとでドラゴン作りのワークショップや展示会、講座など定期的なイベントを行い、その技術や特色、伝統を広く紹介していくとしている。(6月29日)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  医療コラムQ 汗をかくと痒くなり、      湿疹ができてしまいます。 身体から出てく…
  2. バド男子香港の李卓耀優勝世界ランク27位が8位破る 11月17日(日)夜、九龍の香港コロシア…
  3. 教育局、香港全域で休校措置各大学の卒業式典も中止に 香港教育局は11月17日(日)、香港全域…
PAGE TOP