「香港花卉展覽(花展)」3月16日から26日まで開催

春の「香港花卉展覽」を開催 ダリアをメインに「心に花を」

香港島「ヴィクトリア公園」で3月16日(金)、「香港花卉展覽(花展)」が始まった。今年は「ダリア」を中心に、「心に花を」をテーマに26日(月)までの十日間開催される。

同展では、メインテーマ花であるダリア約4万株など、約40万株の花を展示。260以上の出展者には18ヶ国103箇所の海外出展者が含まれており、丹精込めて育てた花々がヴィクトリア公園を五色豊かに彩っている。

会場内には植物や食用植物ガーデンなどを設置。異なるエリアの特色あふれるダリアの展示のほか、食用植物の展示ではいちじく、びわ、ビーツ、大根など身近な品種に多くの参加者が興味を示しているという。

また、夜7時半と8時半には約10分間のライトアップショーも上演。光と音楽に包まれた造園風景を、訪れた人々が楽しんだ。

最終日の26日(月)には、展示された約2万5千株の花が無料で配布される。(3月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ミニバスアプリ22年に登場 フェリー路線も復活、活性化林鄭月娥行政長官は10月10日(水)に…
  2. 政府、ランタオ埋め立て計画 住宅不足と就業機会対策へ香港政府は10月11日(水)、ランタオ島…
  3. 「山竹」後全域でビーチ封鎖 10月末にレパルスベイ再開康楽及び文化事務署は10月11日(木)…
PAGE TOP