医療コラム Q 子どもの気管支喘息について、教えてください。

医療コラム

Q 子どもの気管支喘息について

 教えてください。

 A 息をする時、口から肺まで空気が通ります。その途中に気管支があります。その気管支が炎症をおこし腫れてしまっているのが喘息です。
腫れがひどくなると、空気の通り道は狭くなり、ヒューヒュー、ゼーゼー音がして苦しくなります。軽い場合は咳込みがおこります。そして、それがおこったりおさまったりするのです。

夜寝入りばなや朝方に咳込んでゼーゼー苦しくなっても、昼にはウソのように元気になることもあります。そのため日中に病院を受診しても、「大丈夫ですよ。」と言われたりします。日中に喘息の胸の音がするのは、かなり炎症が進んだ時なので注意が必要です。

治療は、内服や吸入で、発作を抑える治療と、気管の炎症を取ることになります。
一番大切なのは、気管の炎症をとる事になります。
 
家庭で気を付ける事としては、ダニなどのアレルゲン対策をすることになります。
また症状がなくなると気管支喘息がよくなったと思い、自分の判断で薬を減らしたり、やめる人がいますが、症状をコントロールするために必要な薬もあるので、きちんと指示を守り、治療に取り組みましょう。

 

香港日本人クリニック

情報提供
海外旅行保険対応・日本語医療相談
EMC香港日本人クリニック 5746 1234 (日本語24時間) 54187122
(尖沙咀ハーバーシティ/セントラル ・外来・日曜診療/夜間診療/往診あり)
こども救急相談24

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Qプール熱とはどのような病気ですか?プール熱とは咽頭結膜熱といい、アデノウイルス…
  2. 105号 香港ジャピオン   (2019/07/15)電子版はコチラから↓  ↓  ↓…
  3. 香港初の女性遠洋船長誕生男性社会、スパイ呼ばわりも   香港で初めて遠洋船舶の女性船長が誕生…
PAGE TOP