医療コラム Q最近の猛暑で食中毒が心配です・・・

Q最近の猛暑で食中毒が心配です

 どう気を付けたらよいでしょう?

最近は、非常に気温が高く、食べ物がいたみやすい時期です。食中毒の原因になる細菌が繁殖しやすい気温は20-35℃といわれています。食中毒では、腹痛、下痢、嘔吐といった胃腸障害や発熱。症状の程度や食事からの発症までの時間は原因物質によって異なります。原因としてはウイルスと細菌です。細菌の代表的なものはO157などの病原性大腸菌、サルモネラ菌などです。また、ウイルスではノロウイルスなどが代表的なものです。症状として食中毒特有のものはなく、風邪と間違われる場合もあります。しかし、食事後、数時間してからこうした症状が起きた場合、食中毒が疑われます。脱水症状を起こさないように水分補給をすること、吐き気や嘔吐がある場合は吐きやすいように気を付けましょう。また市販の下痢止めは原因である細菌やウイルスが体外に出るのを邪魔し、症状を悪化させてしまうことがあるため飲むことはおすすめできません。下痢が一日10回も続く、血便がある、激しい嘔吐や呼吸困難などの重い症状がみられる場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

情報提供
さくらクリニック
6737-6200 (日本語医療相談24 尖沙咀・セントラル)
総合診療科・小児科・内科・外科・皮膚科
海外旅行保険キャッシュレス/ヘルスケアプログラム

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP