医療コラム

医療コラム

Q. 咳喘息とはなんでしょう?

A. 咳喘息は、慢性的に咳が続く気管支の病気です。一般的な喘息と同様、気道が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、炎症や咳の発作が起こります。室内外の温度差や、大気汚染、運動、飲酒、ストレスなどのほか、ホコリやダニなどのいわゆるハウスダストが発作の要因になるといわれており、患者数は年々増加しています。この病気は、特にアレルギーのある人に多いとされています。アレルギー反応によって、気道が炎症を起こしてしまうためです かぜに併発して起こることが多く、かぜをひいたあとに2~3週間以上、咳が続くことがあれば、この病気の可能性があります。喘息に見られるゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴や呼吸困難はありません。また、発熱や痰(たん)などの症状はほとんど出ません。咳喘息は喘息の前段階ともいわれています。咳喘息を放置すると、本格的な喘息に移行してしまうことがあるので、そうなる前に正しい治療をし、健康管理を続けることが大切です。気になる症状があれば専門医で詳しく診てもらうことをおすすめします。

情報提供
海外旅行保険対応・日本語医療相談
EMC香港日本人クリニック 5746 1234 (日本語24時間) 54187122
(尖沙咀ハーバーシティ/セントラル ・外来・日曜診療/夜間診療/往診あり)

インフルエンザワクチンプロモーション中

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP