Q医療コラム  子どもの熱中症について教えてください

Q医療コラム
子どもの熱中症について教えてください

夏は熱中症が最も多くなる季節です。子供は、体温調節機能が未発達です。汗をかく機能が未熟で、大人と比べると暑さを感じてから汗をかくまでに時間がかかり、体温を下げるのにも時間を要するため、体に熱がこもりやすく体温が上昇しやすくなります。
幼少期の子供は大人よりも身長が低いため、地面から照り返しの影響を強く受けます。大人が暑いと感じているとき、子どもはさらに高温の環境下にいることになります。
熱中症が疑われる状況では、少しでも意識状態がおかしければ医師の診察を受けましょう。意識障害がなくイオン飲料などを経口摂取できるのであれば、涼しい環境に移動させ、川田を冷やし様子をみます。
軽いめまいや頭痛がある場合、軽い熱中症の可能性があります。衣類を緩め、涼しいところに頭を低くして状態で寝かせます。睡眠がとれているのにあくびをしていたり、汗を大量に書いていたりする時は、注意が必要です。だるさや吐き気、頭痛やけいれんが起きていないかも注意深く観察しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Qプール熱とはどのような病気ですか?プール熱とは咽頭結膜熱といい、アデノウイルス…
  2. 105号 香港ジャピオン   (2019/07/15)電子版はコチラから↓  ↓  ↓…
  3. 香港初の女性遠洋船長誕生男性社会、スパイ呼ばわりも   香港で初めて遠洋船舶の女性船長が誕生…
PAGE TOP