香港の北角でスクールバスの事故 ブレーキミスか、14人死傷

北角でスクールバスの事故
ブレーキミスか、14人死傷

12月10日(月)午後2時ごろ、北角でスクールバスが歩道に乗り上げる事故が発生、4人が死亡、10人が負傷した。

被害者は22歳から89歳の男性9名、女性5名。62歳のスクールバス運転手も頭部、首、背部を負傷し、病院で集中治療を受けている。
警察の調べによると、運転手は交代準備のため長康街の坂道でスクールバスを駐車後下車。ブレーキがかかっていることを確認するため前方にまわったところ、動き出した車体の底部に巻き込まれ約20メートル引きずられた。車体はその後坂道をタクシーなどにぶつかりながら約100メートル下降し、英皇道と熙和街の交差点で店舗に乗り上げ、通行中の被害者を巻き込んだとみられる。
現場はこれまで交通事故が頻発する場所ではなく、消防員は事故を起こした車両がハンドブレーキを引いていなかったことを確認したという。警察は操作ミスとブレーキ故障の両面から調べを進めている。(12月10日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 香港ジャピオン80号(2019/01/14)香港ジャピオン80号の電子版配信中!電子版は…
  2. 医療コラムQ ウィルス性胃腸炎が流行っていると聞きました。教えて下さい。A ウイルスが胃腸に…
  3. 龍翔道で交通事故、女性死亡配送用バンから投げ出され 九龍サイドの龍翔道で1月4日(金)夜8時…
PAGE TOP