機内食持ち帰りCAに厳罰 キャセイ、10人を解雇処分

機内食持ち帰りCAに厳罰
キャセイ、10人を解雇処分

  客室乗務員(CA)による「機内食」の持ち帰り増加を問題視していたキャセイ航空は、4月17日(水)に抜き打ち検査を実施。会社に損害を与えたとして、6~10名を解雇処分にしたことがわかった。
 同社は今年1月、全CAに対し「機内食の持ち帰りは厳罰の対象」と通告。しかし韓国―香港のフライトで行った検査で複数のCAのバッグから機内食のクロワッサンや牛乳、レモン、飲料水などが見つかった。
 一部からは「口頭注意や警告書もなくいきなりの解雇処分は、スタッフの士気に影響する」と疑問の声も上がっている。(4月20日)

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP