リンゴ・ラム監督突然の訃報  香港映画界に哀しみ広がる

リンゴ・ラム監督突然の訃報
香港映画界に哀しみ広がる

 

「龍虎風雲」「監獄風雲」「学校風雲」の「風雲三部作」など数々のヒット作を世に送り出した映画監督のリンゴ・ラム氏が12月29日(土)午後、死去した。
ラム監督は当日午後4時頃、自宅で意識を失っているのを家族が発見、その後死亡が確認されたという。
ラム監督は83年、アラン・タム(譚詠麟)主演の「陰陽錯」で監督デビュー。88年に「龍虎風雲」で香港フィルムアワード(香港電影金像獎)最優秀監督賞を受賞した。同作で最優秀主演男優賞を受賞したチョウ・ユンファ(周潤發)は訃報を受け「気持ちの整理がつかない」と多くを語らなかった。ラム監督の遺作となった「沖天火」で主演のダニエル・ウー(呉彦祖)は、SNSに哀悼の意をつづっている。(12月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 香港ジャピオン80号(2019/01/14)香港ジャピオン80号の電子版配信中!電子版は…
  2. 医療コラムQ ウィルス性胃腸炎が流行っていると聞きました。教えて下さい。A ウイルスが胃腸に…
  3. 龍翔道で交通事故、女性死亡配送用バンから投げ出され 九龍サイドの龍翔道で1月4日(金)夜8時…
PAGE TOP