ピンクイルカが32頭だけに 香港水域の生息数、過去最少

ピンクイルカが32頭だけに
香港水域の生息数、過去最少

 漁農自然護理署は8月1日(水)、香港で生息する海洋哺乳動物に関する監察報告を公表。香港水域の「ピンクイルカ」生息数が、過去最少の32頭に減少していることがわかった。同署の報告によると、18年4月から19年3月までの間に香港水域で確認された「ピンクイルカ」の生息数は、昨年の47頭より3割減少の32頭。95年の観察開始以来、最も少ないという。
 「ピンクイルカ」は和名「シナウスイロイルカ」、香港で「中華白海豚」と表記される。ランタオ島周辺の水域に生息し、「ドルフィン・ウォッチツアー」は人気を呼んでいたが、ランタオ島東北側では4年連続でピンクイルカの生息は確認されなかった。15年には全体で88頭が観測されたが、昨年47頭、今年は32頭と減少が続いている。
 また、「海洋公園保育基金」の資料によると、今年7月までに香港各地でピンクイルカ5頭を含む、34頭のイルカの死骸が確認されている。死骸はランタオ島・大浪湾、国際空港第三滑走路工程の海面、屯門・ゴールドコーストビーチなどで発見されている。(8月1日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 117号 香港ジャピオン(2019.10.14)★電子版はコチラからhttp://www…
  2. 西貢で座礁イルカ見つかる今年に入り座礁事故は39件「香港オーシャンパーク(海洋公園)保育基金…
  3. 旅行客激減で深刻な危機に旅游業議会から遺憾の声明「香港旅遊業議会」は10月9日(火)、「昨今…
PAGE TOP