スーパーで店員を斬りつけ 警官が発砲し、犯人の男死亡

スーパーで店員を斬りつけ
警官が発砲し、犯人の男死亡

3月16日(土)午後12時40分ごろ、油麻地・新填地街のスーパーマーケットに刃物を持った男が押し入り、店のマネージャーを斬りつけた。通報を受けて駆けつけた警官が男に向けて発砲、男は病院に運ばれたが、午後2時すぎに死亡が確認された。
男に刃物で襲われ負傷したスーパーのマネージャーによると「店内で男が盗みを働いた疑いがあり、店員が警察に通報していると、男は付近の店から肉切り包丁を持ちだして斬りかかってきた」という。
死亡した男は住所不定の54才で、20件以上の犯罪歴があった。日ごろから麻薬中毒のような様子で街をふらついていたため、近隣の商店では以前からこの男を警戒していたという。
警察は17日(日)夜、事件について声明を発表。市民の保護、逃亡を企てた容疑者への発砲は厳格な規定で認められているとし、今回も犯人に対して警告後、正当な判断のもとに拳銃を使用したものとしている。(3月17日)
https://static.appledaily.hk/images/e-paper/20190316/large/1552713821_82e1.jpg

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラムQ子どもの咳が続いています。  病気でしょうか? マイコプラズマ肺炎は、肺炎マ…
  2. 香港航空、機内エンタメ中止一部社員の給与払い遅延も 香港航空は先ごろ、1月から機内エンターテ…
  3. 冬の3大イベントは実施へ一部変更も安全を最優先に 大型イベントやコンサートのキャンセルと延期…
PAGE TOP