医療コラム Q熱性痙攣(けいれん)について教えてください

医療コラム

 Q 熱性痙攣(けいれん) について教えてください

A 子どもの脳は熱に弱く、風邪などの熱(通常38度以上)でも痙攣を起こします。熱性痙攣は熱の上がり際に多く、突然意識がなくなり、白目を向いて、身体をそらせるように硬くしたり、手足をガクガク震わせる状態です。顔色がわるくなり、時に紫色になります。落ち着いて、まず時計を確認し、衣服を緩めて、呼吸をしやすくします。吐いたりすることもあり、顔を横向きにして、息がつまらないようにしましょう。
大半は、数分~5分以内で止まり、いったん意識が戻って、その後寝る場合が多いです。
熱が上がって呼吸は速くなっていますが、顔色や呼吸の様子をよく観察したり、心配ならば医師に相談しましょう。

発熱時の痙攣の中でも「10分以上続く痙攣重積状態」、「生まれて初めての痙攣」、「1歳までの乳児の痙攣」、「痙攣の後に意識障害が長引く場合」、「痙攣に左右差があったり、痙攣後に何らかの異常を伴う場合」は熱性痙攣ではない可能性がありますので、早期の受診と専門医による迅速な対応が必要です。

情報提供
海外旅行保険対応・日本語医療相談
EMC香港日本人クリニック 5746 1234 (日本語24時間) 54187122
(尖沙咀ハーバーシティ/セントラル ・外来・日曜診療/夜間診療/往診あり)
24こども医療相談室

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP