武侠小説家の金庸氏が死去

武侠小説家の金庸氏が死去

『神雕俠侶』や『笑傲江湖』など、多くの作品が映画やドラマ、漫画、ゲーム化された人気武俠小説作家、金庸氏が10月30日(火)午後、香港の養和医院で亡くなった。94歲だった。
金庸氏は1924年浙江省生まれ。48年に香港へ移住した後、新聞社「明報」を創設。作家として執筆した小説は世界中の華人に人気を博している。香港返還決定後には、香港基本法起草委員会の委員も務めていた。(10月30日)

※武俠小説:中国文学での大衆小説の一ジャンルで、武術に長け、義理を重んじる人々を主人公とした小説の総称。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 2020/1/21

    医療コラム
    医療コラムQ旧正月おめでとうございます。中華圏である香港は、旧正月を迎えて多くの人が集まり賑…
  2. ヴィクトリア湾にクジラ群100頭近くが元気に通過1月17日(金)午後、ヴィクトリア湾に大量の…
  3. 大埔でトリマーの女を逮捕動物虐待の動画流出で特定警察は1月18日(土)午後4時すぎ、新界・大…
PAGE TOP