公共アパートで犬飼育違反 処分命令が一転、許可下りる

公共アパートで犬飼育違反
処分命令が一転、許可下りる

  香港仔の公共アパートで暮らす76才の劉さん夫妻にハウジングデパートメント(房置署)から飼い犬を手放すよう通知があったが、ネット民や議員の働きかけで一転、飼育許可がおり、話題になっている。
 劉さん夫妻の愛犬は11才になるコーギーの「Money」。同署は犬の飼育を続ければアパートの居住資格を取り消すと通知していた。
 近年、公共アパートでのペット飼育は許可されたが、劉さんはインターネットが使えず携帯電話もないため、新政策を知らず、ペット飼育申請の機会を逃していたという。事態はFacebookの「香港動物報」で拡散され、ネット民が劉さんの手助けを申し出、議員から同署への請願を行うなどして、処分通知は撤回されたという。(6月29日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マスク品薄でこども用高値1週以内に供給量は安定へ「武漢肺炎」予防のためマスク購入者が激増し、…
  2. 政府が「武漢肺炎」の新条例隔離治療拒否は罰金と禁固武漢で発生した原因不明の肺炎について、香港…
  3. ラット由来E型肝炎で死亡10症例中9人が香港で感染  ラット由来のE型肝炎に感染した17才の…
PAGE TOP