9月開通予定の広深港高鉄 「西九龍駅」内部をお披露目

9月開通予定の広深港高鉄 「西九龍駅」内部をお披露目

9月に開通を予定している香港と広州を結ぶ「広深港高鉄」の「西九龍駅」内部が7月29日(日)初めて公開された。

MTRの楊美珍総監は、香港部分の開通に際し、専用のウェブサイトやスマホアプリを公開すると説明。乗客は駅カウンターや自販機のほか、ウェブやコールセンターでもチケットが購入できるという。支払いはオクトパスカード、現金のほか、各種電子マネーの利用が可能となり、チケットの払い戻しや変更にも対応する。

同駅の面積は40万㎡で、世界最大の地下駅となる。構内には約1500の標識、15か所のバリアフリートイレを設置、約170ヶ所のモニターでリアルタイムの運行状況が把握できるようになるという。(7月29日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 香港ジャピオン80号(2019/01/14)香港ジャピオン80号の電子版配信中!電子版は…
  2. 医療コラムQ ウィルス性胃腸炎が流行っていると聞きました。教えて下さい。A ウイルスが胃腸に…
  3. 龍翔道で交通事故、女性死亡配送用バンから投げ出され 九龍サイドの龍翔道で1月4日(金)夜8時…
PAGE TOP