5月平均気温が史上最高に 記録づくしの真夏日が続く

5月平均気温が史上最高に

記録づくしの真夏日が続く

天文台は6月1日(金)午後6時45分、5月18日(金)から連続9日間続いた「酷熱天気警告」を解除した。

「酷熱天気警告」は気温33℃以上が持続する場合に発令されるシグナル。
天文台によると、警報基準が設定された2000年以来、最長期間になるという。

また、今年5月の平均気温は28.3℃と、これまでの最高記録1963年の28.2℃を超え、観測開始以来最も暑い5月となった。
天文台の資料によると、5月は最高気温、最多酷暑日のほか、熱帯夜、最低気温、最も早い警告発令、最も遅い暴雨警告発令などの記録も更新している。

一方、5月12日(土)から雨が降らず高温日が続いたため、各地のダム貯水量は減少。水務署の陳漢輝主席は「現在の貯水量は約6割で過去10年で最低水準だが、通常満タンになることはなく、平均7割程度。現状では緊急事態にはあたらず、節水の恐れはない」と説明している。(6月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 歯科検診が大切なのはなぜでしょう?歯は、どんなに毎日丁寧に磨いていたとしても、本当に磨け…
  2. 蘭桂坊で歩行者天国を設置 W杯期間売り上げ2割増に6月14日(木)に開催するワールドカッ…
  3. 日本4県の食品輸入緩和へ 福島県産は輸入禁止を継続香港政府は食品輸入を規制していた千葉県…
PAGE TOP