5月平均気温が史上最高に 記録づくしの真夏日が続く

5月平均気温が史上最高に

記録づくしの真夏日が続く

天文台は6月1日(金)午後6時45分、5月18日(金)から連続9日間続いた「酷熱天気警告」を解除した。

「酷熱天気警告」は気温33℃以上が持続する場合に発令されるシグナル。
天文台によると、警報基準が設定された2000年以来、最長期間になるという。

また、今年5月の平均気温は28.3℃と、これまでの最高記録1963年の28.2℃を超え、観測開始以来最も暑い5月となった。
天文台の資料によると、5月は最高気温、最多酷暑日のほか、熱帯夜、最低気温、最も早い警告発令、最も遅い暴雨警告発令などの記録も更新している。

一方、5月12日(土)から雨が降らず高温日が続いたため、各地のダム貯水量は減少。水務署の陳漢輝主席は「現在の貯水量は約6割で過去10年で最低水準だが、通常満タンになることはなく、平均7割程度。現状では緊急事態にはあたらず、節水の恐れはない」と説明している。(6月1日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム                   Q男性の性病について教えてください。   症…
  2. 「こども宇宙飛行士」に挑戦白血病を克服して宇宙の夢 「子供宇宙飛行士訓練プログラム」が今年も…
  3. 高齢者増加と少子化の問題労工福利局長が日本を視察 香港では平均寿命が日本より長く、出生率は日…
PAGE TOP