香港の犯罪数、75年以来最低の発生数(1月24日)

安全都市香港、犯罪数減少

75年以来最低の発生数に

 

 香港警務処の盧偉聰処長は1月24日(火)、2017年の香港犯罪情況を総括を発表。それによると犯罪総数は約56000件で前年より7・6パーセント減少、75年以来最も低い発生数であることがわかった。

犯罪種類別にみても、殺人、強盗、詐欺、窃盗および青少年犯罪のいずれも減少しており、発生率は人口10万人にたいし750件と、この46年間で最も低いものとなっている。

 

 

盧処長は「決して気を緩めず、香港が世界で最も安全な都市で有り続けるよう、治安の維持に努めつづける」と語ったうえで、今年は国際犯罪、テクノロジー犯罪、テロ活動にも対処を強化。急増している電話やメールによる詐欺についても、詐欺被害防止センターと協力し、市民の安全に対する意識と、ネット・セキュリティ強化を目標にしている。

テロ対策の強化も続いている。同処では昨年1年間で21回の演習を実施したほか、政府は今年4月に保安局など6ヶ所の紀律部隊による反テロ専門組織「ICTU」を設立、部門間の協調をはかるとしている。(1月24日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP