香港でデング熱感染4名 患者の居住地を調査

香港でデング熱感染4名 患者の居住地を調査

衛生署は8月14日(火)、香港内感染のデング熱患者4名を確認した。

感染者は17歳の男性一名と、長期療養中の高齢者3名。居住地域は葵青、長洲島、黃大仙等異なっており、潜伏期間中に海外への旅行はしていないという。患者はいずれも今月上旬から発熱や頭痛、筋肉痛などの症状を訴えて入院しており、容体は安定している。

衛生署では短期間で続いた症例に注目し、感染者の住居周辺を調査している。(8月14日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Q 香港の歯医者さんについて教えてください。 A 香港では、技術的には日本と同等以上…
  2.  香港初の柴犬カフェが開店 特徴を知り、捨て犬減少効果 香港島・銅鑼湾に香港初の柴犬カフェ「豆+…
  3. 香港航空、北米3路線を削減「リストラ」は明言を避ける香港航空は3月9日(土)、香港―北米間を…
PAGE TOP