飛行機内で盗難事件が増加 夏休み旅行、警察が注意喚起

飛行機内で盗難事件が増加 夏休み旅行、警察が注意喚起

香港警察はこのほど、飛行機内での盗難事件が昨年より増加していることを受け、夏休みの旅行シーズンに向け航空便利用者に注意をよびかけている。

空港内警察によると、飛行機内での窃盗事件は今年5ヶ月で5件発生しており、昨年全体の7件に迫っている。すでに2名の容疑者が逮捕されており、被害総額は26万ドル。中には現金15万ドルを盗まれたケースもあるという。

警察は、犯行が最も多いのは機内が消灯され乗客が眠る時間帯や、トイレなどで座席を離れたすきだと指摘する。犯人は目標の座席や上部荷物入れ等で探し物をするふりをして犯行に及ぶケースが多いという。警察は、機内でも貴重品は手放さず身に着けておき、スーツケースに鍵をかけること、降りる際に荷物の確認をし、問題に気付いた場合は直ちに乗務員に知らせるよう促している。

また、航空関係者によると、窃盗事件が発生した場合、乗務員は内密に機長へ報告、機長から空港管制塔へ通報が行われ、空港に到着後、待機していた警備員が機内に搭乗し調査を行うという。(7月2日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP