暴雨警報発令中 落雷で男性死亡

暴雨警報発令中 落雷で男性死亡

7月2日(月)、新界の馬鞍山でハイキング中の18歳の男性が、落雷により死亡した。

事故があった午後12時過ぎは、香港天文台から大雨警報にあたる「シグナル・アンバー(黄色暴雨警告)」が発令中だった。

登山専門家は、大雨の際には雷が発生しやすいので、山で天候が激変した場合、直ちに広く高い場所を離れ、金属類も一時手放し、低い場所へ避難するように注意を促している。(7月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 風邪は気管の上のほうで炎症が起きますが、気管支炎は気管の下のほうにまで炎…
  2. 孤独死の元人気女優葬儀に 芸能人やファンら500人11月3日(土)に赤柱の自宅で亡くなってい…
  3. 地下鉄駅構内で警官が発砲 朝ラッシュ時、市民ケガなしMTR深水埗駅構内で11月7日(水)午前…
PAGE TOP