暴雨警報発令中 落雷で男性死亡

暴雨警報発令中 落雷で男性死亡

7月2日(月)、新界の馬鞍山でハイキング中の18歳の男性が、落雷により死亡した。

事故があった午後12時過ぎは、香港天文台から大雨警報にあたる「シグナル・アンバー(黄色暴雨警告)」が発令中だった。

登山専門家は、大雨の際には雷が発生しやすいので、山で天候が激変した場合、直ちに広く高い場所を離れ、金属類も一時手放し、低い場所へ避難するように注意を促している。(7月2日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP