新界の精神科で院内感染 12人を隔離治療

新界の精神科で院内感染

12人を隔離治療

青山医院成人精神科の女子病棟では5月11日(金)以降、ライノウイルスが原因とみられる呼吸器官感染症の集団感染が起こり、12人の患者に対し隔離治療を行っていることがこのほどわかった。

感染が確認されたのは27歳から69歳までの女性で、いずれも病状は安定しているという。

病院は感染措置を強化するとともに新規入院の受付を停止し、見舞いも制限している。(5月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 歯科検診が大切なのはなぜでしょう?歯は、どんなに毎日丁寧に磨いていたとしても、本当に磨け…
  2. 蘭桂坊で歩行者天国を設置 W杯期間売り上げ2割増に6月14日(木)に開催するワールドカッ…
  3. 日本4県の食品輸入緩和へ 福島県産は輸入禁止を継続香港政府は食品輸入を規制していた千葉県…
PAGE TOP