新界の精神科で院内感染 12人を隔離治療

新界の精神科で院内感染

12人を隔離治療

青山医院成人精神科の女子病棟では5月11日(金)以降、ライノウイルスが原因とみられる呼吸器官感染症の集団感染が起こり、12人の患者に対し隔離治療を行っていることがこのほどわかった。

感染が確認されたのは27歳から69歳までの女性で、いずれも病状は安定しているという。

病院は感染措置を強化するとともに新規入院の受付を停止し、見舞いも制限している。(5月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. J.Boroskiジェイ ボロスキースタイリッシュなバーで、…
  2.  2018年~2019年 インフルエンザ予防接種についてインフルエンザのシーズンがそろそろや…
  3. 青少年の自殺が増加の傾向 ユーチューバーが防止訴え香港大学の自殺防止研究センターが「世界自殺…
PAGE TOP