戦時中の爆弾湾仔で発見、処理は完了(1月28日)

駅工事現場に戦時中の爆弾

処理作業で1500人避難

 

 湾仔で建設中の「コンベンションセンター」駅の地盤で1月27日(土)、戦時中の重さ約450㌔の爆弾が発見され、香港警察は1500人を避難させて周辺を封鎖。28日(日)午後1時ごろ、無事に処理を完了したと発表した。

爆弾処理課の周鍚健主任は「爆弾処理に約12時間、避難や準備もあわせて25時間ほどで完了した。米国式『ANM65』投下爆弾で最大2000メートル破片が飛び、300メートル範囲内に影響、建物の倒壊などの危険があった。爆弾の体積が大きく、傾斜した場所にあり、通常より時間がかかった」と説明した。(1月28日)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Q 香港の歯医者さんについて教えてください。 A 香港では、技術的には日本と同等以上…
  2.  香港初の柴犬カフェが開店 特徴を知り、捨て犬減少効果 香港島・銅鑼湾に香港初の柴犬カフェ「豆+…
  3. 香港航空、北米3路線を削減「リストラ」は明言を避ける香港航空は3月9日(土)、香港―北米間を…
PAGE TOP