戦時中の爆弾湾仔で発見、処理は完了(1月28日)

駅工事現場に戦時中の爆弾

処理作業で1500人避難

 

 湾仔で建設中の「コンベンションセンター」駅の地盤で1月27日(土)、戦時中の重さ約450㌔の爆弾が発見され、香港警察は1500人を避難させて周辺を封鎖。28日(日)午後1時ごろ、無事に処理を完了したと発表した。

爆弾処理課の周鍚健主任は「爆弾処理に約12時間、避難や準備もあわせて25時間ほどで完了した。米国式『ANM65』投下爆弾で最大2000メートル破片が飛び、300メートル範囲内に影響、建物の倒壊などの危険があった。爆弾の体積が大きく、傾斜した場所にあり、通常より時間がかかった」と説明した。(1月28日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ウイルスや細菌によって引き起こされるのど風邪で、のどが赤く腫れて痛みが出…
  2. 旧正月映画ポスターが話題 周星馳コメディに原点回帰2019年旧正月に公開予定の映画「新喜劇之…
  3. 香港人の海外旅行は年3回 就寝前スマホで予約の傾向旅行情報サイト「skyscanner」が今…
PAGE TOP