尖沙咀アベニュー・オブ・スター再開は2020年2月に延期

アベニュー・オブ・スター再開は再来年の2月に延期

現在工事中のため閉鎖している尖沙咀の観光名所「アベニュー・オブ・スター」の再開時期について、予定されていた今年第3クォーターから来年2月に延期されることがこのほどわかった。

同所を管理する「レジャー&カルチャルサービスデパートメント(び文化事務署)」によると、再開延期は悪天候などの影響を受け工事が遅れているたためとみられる。

同署によると、映画関係者の意見を取り入れスターの銅像と歩行者を鉄柵で分離せず、銅像の土台に水の流れる階段を設置するなどの設計デザインに着手しており、より美しい景観で銅像との記念撮影が楽しめるようになる。また、植物による木陰や風通しを作ることで、真夏の炎天下も過ごしやすくなるという。

当局は「アベニュー・オブ・スター」を香港映画の歴史と文化創意のプラットフォームとして発展させ、メイドイン香港グッズの販売なども行う予定。(3月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ミニバスアプリ22年に登場 フェリー路線も復活、活性化林鄭月娥行政長官は10月10日(水)に…
  2. 政府、ランタオ埋め立て計画 住宅不足と就業機会対策へ香港政府は10月11日(水)、ランタオ島…
  3. 「山竹」後全域でビーチ封鎖 10月末にレパルスベイ再開康楽及び文化事務署は10月11日(木)…
PAGE TOP