大埔でバス横転、80人死傷

バス横転、80人死傷

遅延で逆切れ、スピード超過か

2月10日(土)午後6時すぎ、「沙田競馬場」ターミナルを出発した九龍バスが大埔公路で横転。乗客19人が死亡し、60人以上が負傷する大惨事となった。

該当バスは、沙田競馬場レース開催日のみ運行される「大埔中心」行きの臨時便。事故当時は競馬ファン約100人が乗車しており、6時発車予定を5分ほど過ぎて出発。約10分後、通称「猛鬼橋」付近のカーブで横転したという。

事故で救出された複数の乗客が「スピードの出しすぎ」を指摘。出発の遅れで乗客から叱責を受けた運転手が、腹いせにスピードを出したのではないかと疑問の声が上がっている。

事故翌日の11日(日)には、林鄭月娥行政長官が記者会見を開き、死亡者家族に30万㌦、負傷者に15~25万㌦の援助金を政府から支給すると発表した。また、初七日に当たる17日(土)の花火大会の開催是非については「発生から24時間たっておらず、事故の対応を優先している」とし、明言をさけた。(2月11日)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP