国際指名手配犯逮捕 テロ警戒レベル持続

国際指名手配犯逮捕  テロ警戒レベル持続

  

香港政府保安局の李家超局長は3月1日(木)、強盗などの容疑で国際指名手配されていた男が香港で逮捕されたことをうけ、香港のテロ対策は中度レベルを維持しており、標的とされる根拠は示されていないと説明した。

李局長は「飛虎隊」とよばれる警察の特殊任務部隊、反テロ特殊班や間もなく設立される保安局の「アンチテロリズム・タスクフォース(跨部門反恐專責組)」などでテロ安全対策は十分に対応できると強調。入境処では保安上の理由から、毎年4~5万人、一日平均100人以上の入境を拒否しているという。(3月2日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ミニバスアプリ22年に登場 フェリー路線も復活、活性化林鄭月娥行政長官は10月10日(水)に…
  2. 政府、ランタオ埋め立て計画 住宅不足と就業機会対策へ香港政府は10月11日(水)、ランタオ島…
  3. 「山竹」後全域でビーチ封鎖 10月末にレパルスベイ再開康楽及び文化事務署は10月11日(木)…
PAGE TOP