同性パートナーシップ政策 立法会が否決「慎重に対応を」

同性パートナーシップ政策 立法会が否決「慎重に対応を」

立法会は11月22日(木)、香港における「同性パートナーシップ政策研究」を否決した。

特区政府政制及び內地事務局の聶德権局長は立法会で「同性の伴侶を民事で認めれば、類似の婚姻と権利を認めることにもなり、香港の現行婚姻制度と社会の価値観に広く深い影響を及ぼすことは避けられず、慎重に対応すべきだ」とした。

行政長官が公布した「施政報告」では、香港の婚姻制度は男女の一夫一妻制を維持するうえで、平等の権利、社会的な差別を無くし、価値観や相互尊重の共有と促進を目標にしている。(11月22日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 2019/3/20

    Q医療コラム
    Q医療コラム週末に体調を崩したらどうしたら良いですか?A. 香港の多くの…
  2. 腐敗した小型イルカの死骸今年に入りすでに19体発見「香港オーシャンパーク保育基金」は3月14…
  3. タクシー業界が値上げ申請「高すぎる」立法会で批判も立法会交通事務委員会は3月15日(金)、タ…
PAGE TOP