台風「山竹」前後の政府対応 部門超えて検討会議を実施

台風「山竹」前後の政府対応 部門超えて検討会議を実施

立法会内務委員会は10月4日(木)午後特別会議を開き、先ごろ発生した台風「山竹」の前後対応措置について話し合いが行われた。

張建宗政務司長は「山竹は数十年来で最も強い台風で、その破壊力は過去に類を見ないものだった」とし、政府の警報業務は効果があったと明言しながら、善後作業に長い時間が必要であることを認め、理解を求めた。また、政府は10月にも第1回の検視会議を行うとしている。

この台風が原因で発生した廃棄物は12,000t以上に及び、食物環境衛生は啓德発展区に臨時木材廃物収集処を設置。1日約8,000人を動員し、すでに9,500t以上の処理を終えているという。
また、労工社団連会は立法会に対し、「台風及び豪雨警告時の就業規則」の改定を政府に請願するよう求めた。

台風「山竹」のために発令された警報シグナル10は10時間にも及び、これは99年以来最も長いとされる。暴風による倒木は46,500本、窓ガラスの破損は500件にのぼり、約1,800人の市民が避難、458人が負傷している。(10月5日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP