人気ミュージシャン転落死 過去に躁うつ病で治療専念

人気ミュージシャン転落死 過去に躁うつ病で治療専念

8月5日(日)午前10時頃、人気ミュージシャンのエレン・ローさん(盧凱彤)さんがハッピーバレーの高級住宅高層階から転落、死亡が確認された。

エレンさんは2001年、15歳の時女性ふたりのユニット「AT17」としてデビューし、人気を集めた。11年のユニット解散後、13年には初めてのソロコンサートを開催したが、プレッシャーから不眠やうつの症状が出始め、躁うつ病と診断されたという。周囲の勧めで治療に専念した後、活動を再開させ、死の前日もテレビ収録に参加していた。

作曲や編曲、ギタリストとしても多くのファンやアーティストから愛されたエレンさんの早すぎる死を、ファンや親しい関係者は「受け入れられない」と悲しみにくれている。(8月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第10回産地直送!宮崎ひなたマルシェ@元気一杯宮崎県特産品が香港に勢ぞろい!宮崎の食材を香港…
  2. 肩こりは自律神経の調子が悪くなった時にみられる症状のひとつですが、心…
  3. 「大橋」入境フロアに売店 開通から6週も入境熱衰えず「港珠澳大橋」香港口岸の入境フロアで12…
PAGE TOP