人気ミュージシャン転落死 過去に躁うつ病で治療専念

人気ミュージシャン転落死 過去に躁うつ病で治療専念

8月5日(日)午前10時頃、人気ミュージシャンのエレン・ローさん(盧凱彤)さんがハッピーバレーの高級住宅高層階から転落、死亡が確認された。

エレンさんは2001年、15歳の時女性ふたりのユニット「AT17」としてデビューし、人気を集めた。11年のユニット解散後、13年には初めてのソロコンサートを開催したが、プレッシャーから不眠やうつの症状が出始め、躁うつ病と診断されたという。周囲の勧めで治療に専念した後、活動を再開させ、死の前日もテレビ収録に参加していた。

作曲や編曲、ギタリストとしても多くのファンやアーティストから愛されたエレンさんの早すぎる死を、ファンや親しい関係者は「受け入れられない」と悲しみにくれている。(8月5日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 2019/3/20

    Q医療コラム
    Q医療コラム週末に体調を崩したらどうしたら良いですか?A. 香港の多くの…
  2. 腐敗した小型イルカの死骸今年に入りすでに19体発見「香港オーシャンパーク保育基金」は3月14…
  3. タクシー業界が値上げ申請「高すぎる」立法会で批判も立法会交通事務委員会は3月15日(金)、タ…
PAGE TOP