人気ミュージシャン転落死 過去に躁うつ病で治療専念

人気ミュージシャン転落死 過去に躁うつ病で治療専念

8月5日(日)午前10時頃、人気ミュージシャンのエレン・ローさん(盧凱彤)さんがハッピーバレーの高級住宅高層階から転落、死亡が確認された。

エレンさんは2001年、15歳の時女性ふたりのユニット「AT17」としてデビューし、人気を集めた。11年のユニット解散後、13年には初めてのソロコンサートを開催したが、プレッシャーから不眠やうつの症状が出始め、躁うつ病と診断されたという。周囲の勧めで治療に専念した後、活動を再開させ、死の前日もテレビ収録に参加していた。

作曲や編曲、ギタリストとしても多くのファンやアーティストから愛されたエレンさんの早すぎる死を、ファンや親しい関係者は「受け入れられない」と悲しみにくれている。(8月5日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP