マーガリンに発がん性物質 半数が危険、基準見直し提言

マーガリンに発がん性物質

半数が危険、基準見直し提言

 

消費者委員会はこのほど、市販のバター製品でサンプリング調査を実施。18種類のマーガリンから発がん性物質「グリシドール」や汚染物「3-MCPD脂肪酸エステル」が検出されたことを発表した。結果報告では、「Sunny Meadow」ブランドの商品「Spread with Canolaoil」に含有量が多かったと伝えている。
また、栄養成分の表示誤差も多く、実際のナトリウム含有量が表示の10倍に上っていたケースもあるという。

同委員会は「香港にも欧州レベルの食物安全基準設定が必要だ」としている。(4月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第10回産地直送!宮崎ひなたマルシェ@元気一杯宮崎県特産品が香港に勢ぞろい!宮崎の食材を香港…
  2. 肩こりは自律神経の調子が悪くなった時にみられる症状のひとつですが、心…
  3. 「大橋」入境フロアに売店 開通から6週も入境熱衰えず「港珠澳大橋」香港口岸の入境フロアで12…
PAGE TOP