マーガリンに発がん性物質 半数が危険、基準見直し提言

マーガリンに発がん性物質

半数が危険、基準見直し提言

 

消費者委員会はこのほど、市販のバター製品でサンプリング調査を実施。18種類のマーガリンから発がん性物質「グリシドール」や汚染物「3-MCPD脂肪酸エステル」が検出されたことを発表した。結果報告では、「Sunny Meadow」ブランドの商品「Spread with Canolaoil」に含有量が多かったと伝えている。
また、栄養成分の表示誤差も多く、実際のナトリウム含有量が表示の10倍に上っていたケースもあるという。

同委員会は「香港にも欧州レベルの食物安全基準設定が必要だ」としている。(4月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ホコチュー 香港の中心でアノ時を語る 第38回Umaiya 美味屋オーナー…
  2. 夏休みだ!親子みんなで田舎へ行こうHK Japanese Care 「ファーム体験@元朗」…
  3. 同性パートナーの帯同拒否 英国籍女性訴え、入境処敗訴英国籍の女性が仕事で香港に駐在する際、婚…
PAGE TOP