マーガリンに発がん性物質 半数が危険、基準見直し提言

マーガリンに発がん性物質

半数が危険、基準見直し提言

 

消費者委員会はこのほど、市販のバター製品でサンプリング調査を実施。18種類のマーガリンから発がん性物質「グリシドール」や汚染物「3-MCPD脂肪酸エステル」が検出されたことを発表した。結果報告では、「Sunny Meadow」ブランドの商品「Spread with Canolaoil」に含有量が多かったと伝えている。
また、栄養成分の表示誤差も多く、実際のナトリウム含有量が表示の10倍に上っていたケースもあるという。

同委員会は「香港にも欧州レベルの食物安全基準設定が必要だ」としている。(4月17日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 117号 香港ジャピオン(2019.10.14)★電子版はコチラからhttp://www…
  2. 西貢で座礁イルカ見つかる今年に入り座礁事故は39件「香港オーシャンパーク(海洋公園)保育基金…
  3. 旅行客激減で深刻な危機に旅游業議会から遺憾の声明「香港旅遊業議会」は10月9日(火)、「昨今…
PAGE TOP