ブルース・リーを主役に抜擢 「香港映画の父」亡くなる

ブルース・リーを主役に抜擢 「香港映画の父」亡くなる

ブルース・リーやジャッキー・チェンを世に送り出した映画製作会社「ゴールデン・ハーベスト」の創設者、レイモンド・チョウ(鄒文懷)氏が11月2日(金)亡くなった。91歳だった。

チョウ氏は1970年代に同社を設立後、当時アメリカ在住だったブルース・リーを「ドラゴン危機一髪」に抜擢。71年に公開された同作は香港史上最高のヒット作となった。80年代にはジャッキー・チェン、ユン・ピョウなどを起用した映画で世界中にカンフーブームを巻き起こした。また、ホイ3兄弟のコメディ映画「Mr.Boo!」シリーズは日本や東南アジアでも大ヒット。「香港映画のゴッド・ファーザー」と呼ばれ、1998年には香港政府から「金紫荊星章」を授与されている。(11月2日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 国慶節の花火中止のうわさイベント出展や演劇も取消香港政府旅遊発展局主催で今年11回目の「Ho…
  2. 警察、一ヶ月で3発銃弾紛失拾得者には通報を呼びかけ 香港警察はこのほど、屯門地区の警察官が中…
  3. 医療コラムQインフルエンザワクチンについて教えて下さい。  インフルエンザワクチンのシーズン…
PAGE TOP