フカヒレ消費減少中 10年後「ゼロ」を目指す

香港フカヒレ消費減少 10年後「ゼロ」を目指す

 

世界自然基金(WWF)は3月8日(木)、過去10年間で香港のフカヒレ輸入量が51%に、輸出量は75%に減少したことをうけ、今後10年で「フカヒレゼロの街」を目指すことを明らかにした。

香港は世界全体の約40%を扱う最大のフカヒレ貿易都市。この10年での輸出入量の大幅減少は、航空・船舶会社のフカヒレ輸送禁止や環境保護団体運動の影響により、消費者と販売業者の意識改革が高まった結果とみられる。

一方、過去5年19件のフカヒレ違法輸入では犯人起訴に至っておらず、WWFは政策を訴えている。(3月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 香港ジャピオン80号(2019/01/14)香港ジャピオン80号の電子版配信中!電子版は…
  2. 医療コラムQ ウィルス性胃腸炎が流行っていると聞きました。教えて下さい。A ウイルスが胃腸に…
  3. 龍翔道で交通事故、女性死亡配送用バンから投げ出され 九龍サイドの龍翔道で1月4日(金)夜8時…
PAGE TOP