フカヒレ消費減少中 10年後「ゼロ」を目指す

香港フカヒレ消費減少 10年後「ゼロ」を目指す

 

世界自然基金(WWF)は3月8日(木)、過去10年間で香港のフカヒレ輸入量が51%に、輸出量は75%に減少したことをうけ、今後10年で「フカヒレゼロの街」を目指すことを明らかにした。

香港は世界全体の約40%を扱う最大のフカヒレ貿易都市。この10年での輸出入量の大幅減少は、航空・船舶会社のフカヒレ輸送禁止や環境保護団体運動の影響により、消費者と販売業者の意識改革が高まった結果とみられる。

一方、過去5年19件のフカヒレ違法輸入では犯人起訴に至っておらず、WWFは政策を訴えている。(3月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ミニバスアプリ22年に登場 フェリー路線も復活、活性化林鄭月娥行政長官は10月10日(水)に…
  2. 政府、ランタオ埋め立て計画 住宅不足と就業機会対策へ香港政府は10月11日(水)、ランタオ島…
  3. 「山竹」後全域でビーチ封鎖 10月末にレパルスベイ再開康楽及び文化事務署は10月11日(木)…
PAGE TOP