フカヒレ消費減少中 10年後「ゼロ」を目指す

香港フカヒレ消費減少 10年後「ゼロ」を目指す

 

世界自然基金(WWF)は3月8日(木)、過去10年間で香港のフカヒレ輸入量が51%に、輸出量は75%に減少したことをうけ、今後10年で「フカヒレゼロの街」を目指すことを明らかにした。

香港は世界全体の約40%を扱う最大のフカヒレ貿易都市。この10年での輸出入量の大幅減少は、航空・船舶会社のフカヒレ輸送禁止や環境保護団体運動の影響により、消費者と販売業者の意識改革が高まった結果とみられる。

一方、過去5年19件のフカヒレ違法輸入では犯人起訴に至っておらず、WWFは政策を訴えている。(3月9日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 117号 香港ジャピオン(2019.10.14)★電子版はコチラからhttp://www…
  2. 西貢で座礁イルカ見つかる今年に入り座礁事故は39件「香港オーシャンパーク(海洋公園)保育基金…
  3. 旅行客激減で深刻な危機に旅游業議会から遺憾の声明「香港旅遊業議会」は10月9日(火)、「昨今…
PAGE TOP