「ピークトラム」の増席計画 75%増210名乗車可能に

「ピークトラム」の増席計画 

75%増210名乗車可能に

「ピークトラム」が2021年までに予定している改善計画が4月6日(金)あきらかになった。

報道によると、同社は2015年から10年間の経営権を獲得しているが香港政府に対しすでに計画書を提出。2035年までの経営継続を希望しているとみられる。

この計画書には新たな車両の導入も記されており、現在の一便120名の乗車数から75%増加の210名乗車を可能とし、待ち時間が大幅に短縮される見通し。

また、「花園道」駅に屋根付きの1300名まで整列できるエリアや、チケット販売カウンターも増設し、サービス向上をはかる。

同社ではこの改善計画に5000万㌦を投資。年内に竣工、21年の完成を目指している。なお、工期中は20年初頭に1~2ヶ月、21年にも4~5ヶ月運行休止を予定。運行休止期間中は「中環」~「ビクトリアピーク」間でシャトルバスを手配するとしている。(4月6日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ミニバスアプリ22年に登場 フェリー路線も復活、活性化林鄭月娥行政長官は10月10日(水)に…
  2. 政府、ランタオ埋め立て計画 住宅不足と就業機会対策へ香港政府は10月11日(水)、ランタオ島…
  3. 「山竹」後全域でビーチ封鎖 10月末にレパルスベイ再開康楽及び文化事務署は10月11日(木)…
PAGE TOP