「ピンクドルフィン」が減少 親子イルカ40%が消息不明

「ピンクドルフィン」が減少 親子イルカ40%が消息不明

漁農自然護理署が7月11日(水)に公布した最新の海洋哺乳類動物監察報告によると、大嶼山の4ヶ所で確認されたシナウスイロイルカ(通称:ピンクドルフィン)はわずか88頭で、2011年から約47%減少、赤ちゃんイルカの生存率も極めて低いことがわかった。

今回の調査は17年4月から18年3月にかけて実施。香港全域10ヶ所のエリアで201群569頭が確認された。

また、出産が確認された149頭のうち40%以上がその後消息不明となっており、香港生まれのイルカの生存率の低さが危惧されているという。(7月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. へーベルハウス主催「香港からの住まいづくり相談会」金利が安い今がチャンス?!…
  2. 謙信アセットコンサルティング主催「海外で作る自分年金セミナー」香港の保険運用が有…
  3. ジャッキー・チュン1月公演 チケット転売防止策を採用10月4日(水)に優先販売が始まった…
PAGE TOP