「ピンクドルフィン」が減少 親子イルカ40%が消息不明

「ピンクドルフィン」が減少 親子イルカ40%が消息不明

漁農自然護理署が7月11日(水)に公布した最新の海洋哺乳類動物監察報告によると、大嶼山の4ヶ所で確認されたシナウスイロイルカ(通称:ピンクドルフィン)はわずか88頭で、2011年から約47%減少、赤ちゃんイルカの生存率も極めて低いことがわかった。

今回の調査は17年4月から18年3月にかけて実施。香港全域10ヶ所のエリアで201群569頭が確認された。

また、出産が確認された149頭のうち40%以上がその後消息不明となっており、香港生まれのイルカの生存率の低さが危惧されているという。(7月12日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.    生ブタ肉の供給量が4割に減少し、屠殺場が経営難に陥っていることがこのほどわかった。 豚コレ…
  2. 危険薬物運搬で青少年を逮捕夏休み、手軽なバイト感覚か  香港海関は今年5月末から7月初めにか…
  3. ID移行7月から64、65年生手続き  入境処は7月12日(金)、7月27日(土)~9月23…
PAGE TOP