8月の空港利用者が12%減 内地、東南アジア減少が顕著

8月の空港利用者が12%減
内地、東南アジア減少が顕著

香港空港管理局が9月15日(日)は、8月の利用状況を公布。空港利用者が前年同期比で12・4%減少していたことがわかった。
同局が公布した資料によると、8月の利用者数は前年比12・4%減でのべ600万人、離発着回数は3・5%減の3万5千655回。また、貨物量も11・5%減で、38万2千㌧となった。
同局では旅行者数の減少が影響しているとしており、特に昨年同期比で中国内地や東南アジア、台湾からの旅客が大幅に減少しているという。
また、世界的に貿易事情が不安定となった影響もあり、8月の貨物量は継続して下落。輸出量は19%、輸入量は15%と、主に東南アジアや中国内地との輸出入がいずれも減少した。(9月15日)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP