2019年カウントダウン 花火イベント34万人が鑑賞

2019年カウントダウン
花火イベント34万人が鑑賞

 

2019年の到来を祝うカウントダウンの花火が大晦日の夜11時過ぎから打ち上げられ、34万人がヴィクトリア湾周辺へ鑑賞に訪れた。
カウントダウンイベントでは12月31日(月)夜11時から華日の打ち上げを開始。

15分ごとに香港島のビルから小型花火が上がり、2019年を迎えた午前0時ちょうどに湾仔のコンベンション&エキシビションセンター外壁に「2019」の文字が浮かび上がると、約10分間の花火ショーが繰り広げられた。

今回のイベントのために旅遊発展局はイタリアから「星空の万華鏡」技術を導入。
ショーを締めくくる最後の1分間には45種類に及ぶデザインの花火を打ち上げ、ヴィクトリア湾周辺の参観者から大きな歓声が沸き上がった。毎年家族とイベントに参加する男性は「今までは尖沙咀で観ていたが、今年はタマール公園に来てみた。例年より花火の時間が長く、素晴らしかった」と称賛していた。(1月1日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 117号 香港ジャピオン(2019.10.14)★電子版はコチラからhttp://www…
  2. 西貢で座礁イルカ見つかる今年に入り座礁事故は39件「香港オーシャンパーク(海洋公園)保育基金…
  3. 旅行客激減で深刻な危機に旅游業議会から遺憾の声明「香港旅遊業議会」は10月9日(火)、「昨今…
PAGE TOP