香港初の柴犬カフェが開店 特徴を知り、捨て犬減少効果

 香港初の柴犬カフェが開店 特徴を知り、捨て犬減少効果

 香港島・銅鑼湾に香港初の柴犬カフェ「豆+柴」が今年2月にオープンし、話題を呼んでいる。
 同店には日本から輸入した10匹の「豆柴」を含む柴犬15匹以上が駐在。カフェは日本風の木目調で、静かにくつろぐことができるという。ただし、各コーナーには尿シートなどが置かれているため、犬の匂いに不慣れな場合は入店前に心の準備が必要だ。
 利用者は登録手続き後靴を脱ぎ、手を消毒してから店内の豆柴と写真撮影ができる。費用はひとり78㌦/30分で、ドリンク1個つき。ネット上では柴犬を金儲けの道具に利用していると批判がる一方、人々が柴犬の特性を理解し、癒しが与えられ、捨て犬の減少につながる機会にもなるとの声もあがっている。(3月5日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 2019/3/20

    Q医療コラム
    Q医療コラム週末に体調を崩したらどうしたら良いですか?A. 香港の多くの…
  2. 腐敗した小型イルカの死骸今年に入りすでに19体発見「香港オーシャンパーク保育基金」は3月14…
  3. タクシー業界が値上げ申請「高すぎる」立法会で批判も立法会交通事務委員会は3月15日(金)、タ…
PAGE TOP