香港初の柴犬カフェが開店 特徴を知り、捨て犬減少効果

 香港初の柴犬カフェが開店 特徴を知り、捨て犬減少効果

 香港島・銅鑼湾に香港初の柴犬カフェ「豆+柴」が今年2月にオープンし、話題を呼んでいる。
 同店には日本から輸入した10匹の「豆柴」を含む柴犬15匹以上が駐在。カフェは日本風の木目調で、静かにくつろぐことができるという。ただし、各コーナーには尿シートなどが置かれているため、犬の匂いに不慣れな場合は入店前に心の準備が必要だ。
 利用者は登録手続き後靴を脱ぎ、手を消毒してから店内の豆柴と写真撮影ができる。費用はひとり78㌦/30分で、ドリンク1個つき。ネット上では柴犬を金儲けの道具に利用していると批判がる一方、人々が柴犬の特性を理解し、癒しが与えられ、捨て犬の減少につながる機会にもなるとの声もあがっている。(3月5日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.    生ブタ肉の供給量が4割に減少し、屠殺場が経営難に陥っていることがこのほどわかった。 豚コレ…
  2. 危険薬物運搬で青少年を逮捕夏休み、手軽なバイト感覚か  香港海関は今年5月末から7月初めにか…
  3. ID移行7月から64、65年生手続き  入境処は7月12日(金)、7月27日(土)~9月23…
PAGE TOP