香港のミシュラン2019年版が公布 63軒が星つきレストランに

 

「ミシュランガイド香港マカオ2019」が12月11日(火)公布され、香港では63軒が星付きレストランに選出されたことがわかった。
最高栄誉となる三つ星レストラン7軒のうち、「フォーシーズンズ・ホテル」内の「龍景軒」は唯一、同書発行開始以来11年連続で三つ星を獲得した。また、同ホテルのフレンチレストラン「Caprice」は二つ星から三つ星に昇格している。
二つ星を獲得した12軒のうち、広東料理の「営致会館」は昨年開業後3カ月で一つ星に、今年は二つ星に昇格した。日本の有名店「鮨さいとう」も話題となっている。
一つ星を獲得した44軒のうち5軒は新たなランクイン。創作料理の「Arbor」、フレンチ「Belon」、インド料理「New Punjab Club」、イタリアン「Octavium」、江浙料理「新栄記」と、各国料理のレストランが名前を連ねた。
一方で、「グループ内格差」も浮き彫りとなっている。「利苑酒家」は観塘と旺角の店舗が昨年同様一つ星を獲得したが、北角店は今年のランクから姿を消した。(12月11日)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム                   Q男性の性病について教えてください。   症…
  2. 「こども宇宙飛行士」に挑戦白血病を克服して宇宙の夢 「子供宇宙飛行士訓練プログラム」が今年も…
  3. 高齢者増加と少子化の問題労工福利局長が日本を視察 香港では平均寿命が日本より長く、出生率は日…
PAGE TOP