水泳界のリトル・マーメイド 香港から東京五輪出場決定

水泳界のリトル・マーメイド
香港から東京五輪出場決定

 7月25日(木)、韓国光州で開催した世界水泳選手権に香港から出場したシボーン・バーナデット・ホーヒー(何詩蓓)、夥鄭莉梅、歐鎧淳、何南慧の4選手が女子自由形200メートル×4リレーで11位以内に入り、来年の東京オリンピック出場権を獲得した。
自由形リレーでは第一泳者の鄭莉梅選手からつないだ第二泳者の何詩蓓選手が8位まで追い上げ、最終タイムは8分04・98秒11。香港女子水泳チームのオリンピック出場は、2020年東京が4度目となる。 
香港水泳界の「リトル・マーメイド」と呼ばれる何詩蓓選手は21才、アイルランド人の父と香港人の母のもと香港で生まれ育った。今大会で自由形200メートル4位と、香港チームとして過去最高の記録を達成。東京オリンピックには自由形100メートルと200メートルのほか、何南慧、鄭莉梅、譚凱琳とともに自由形リレーに出場する。(7月25日)

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム                   Q男性の性病について教えてください。   症…
  2. 「こども宇宙飛行士」に挑戦白血病を克服して宇宙の夢 「子供宇宙飛行士訓練プログラム」が今年も…
  3. 高齢者増加と少子化の問題労工福利局長が日本を視察 香港では平均寿命が日本より長く、出生率は日…
PAGE TOP