中環~西九龍に水上タクシー 20年下半期に運行開始か

中環~西九龍に水上タクシー
20年下半期に運行開始か

運輸署は「啓德」、「中環」「西九龍」などを循環する「水上タクシー」の入札を今年後半に行い、来年下半期には運行開始になる見通しであると、このほど九龍城区議会があきらかにした。
運輸署が就航を予定する「水上タクシー」は「啓德~紅磡~尖東~中環~西九龍」の循環線。これまで同署は水上タクシーの運行を平日に1日22便、休日19便、45分毎と規定していたが、九龍城区議会が明らかにした修正案では「1日最低3便以上」、うち1便は夜7時以降の「啓德」発を義務づけるなど、変更されているという。
また、既存の「最小150席以上」とする船舶設計規定は外され、クーラー、トイレ、荷物置き場、授乳室、ファーストクラス、音声ガイドの設置が明記されている。(9月20日)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP