ライフガード不足が深刻化 屯門ビーチ半数で配置停止

ライフガード不足が深刻化
屯門ビーチ半数で配置停止

 康文署は6月20日(木)午後1時、人員不足を理由に屯門の旧咖啡湾、ゴールドコースト海岸、新咖啡湾でライフガードサービスを一時停止すると公布したが、同日2時30分には正常配置が復旧した。
「香港政府ライフガードユニオン」の鄧子安主席は「康文署は全く人員不足の問題に対応しなかった。ライフガードは技術職待遇で食事休憩もなく、シフトが困難」と批判する。また、香港九龍ライフガードユニオンのスポークスマンは「ライセンス取得も自己負担のため、なり手が少ない」と指摘。昇進や給与などの待遇改善を求めた。(6月21日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Qプール熱とはどのような病気ですか?プール熱とは咽頭結膜熱といい、アデノウイルス…
  2. 105号 香港ジャピオン   (2019/07/15)電子版はコチラから↓  ↓  ↓…
  3. 香港初の女性遠洋船長誕生男性社会、スパイ呼ばわりも   香港で初めて遠洋船舶の女性船長が誕生…
PAGE TOP