ライフガード不足が深刻化 屯門ビーチ半数で配置停止

ライフガード不足が深刻化
屯門ビーチ半数で配置停止

 康文署は6月20日(木)午後1時、人員不足を理由に屯門の旧咖啡湾、ゴールドコースト海岸、新咖啡湾でライフガードサービスを一時停止すると公布したが、同日2時30分には正常配置が復旧した。
「香港政府ライフガードユニオン」の鄧子安主席は「康文署は全く人員不足の問題に対応しなかった。ライフガードは技術職待遇で食事休憩もなく、シフトが困難」と批判する。また、香港九龍ライフガードユニオンのスポークスマンは「ライセンス取得も自己負担のため、なり手が少ない」と指摘。昇進や給与などの待遇改善を求めた。(6月21日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP