コカイン密輸摘発が相次ぐ 670万ドル相当の液体も

コカイン密輸摘発が相次ぐ
670万ドル相当の液体も

 香港国際空港の海関で、コカインの密輸摘発が相次いでいる。8月4日(日)、ブラジル・サンパウロからカタール・ドーハを経由して香港に入境した60才の女のスーツケースから約3キロ、290万ドル相当のコカインを押収し、女は危険薬物運搬の疑いで逮捕された。
また、8日(木)には約6・8キロ、670万ドル相当の液状コカイン密輸の疑いで、マレーシア・クアラルンプールから入境した19才から41才の男4人が逮捕されている。 香港の法例では、危険薬物運搬罪は500万ドルの罰金と終身刑が科せられる。(8月9日)

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラムQ子どもの咳が続いています。  病気でしょうか? マイコプラズマ肺炎は、肺炎マ…
  2. 香港航空、機内エンタメ中止一部社員の給与払い遅延も 香港航空は先ごろ、1月から機内エンターテ…
  3. 冬の3大イベントは実施へ一部変更も安全を最優先に 大型イベントやコンサートのキャンセルと延期…
PAGE TOP