キャセイ航空10月決算報告 旅客数は前年比7・1%減少

キャセイ航空10月決算報告
旅客数は前年比7・1%減少

  キャセイパシフィック航空と傘下のキャセイドラゴン航空が11月13日(水)に発表した合弁決算報告によると、今年10月の旅客数は昨年同期より7・1%、貨物量は4・9%減少したことがわかった。
 同社では、今年下半期の財務状況は上半期との落差が大きく、先行きは不透明だとしており、同日の株価は10㌦安の9・99㌦で終了した。
 旅客数は3ヶ月連続で下降しており、10月期のキャセイパシフィック、キャセイドラゴン2社合計でのべ2万7千4百人となっている。
キャセイパシフィック航空の林紹波総裁は「訪港客と香港市民、どちらも旅行意欲が弱かった。8月から10月まで2~4%の運行削減を行ったが、11月~12月にはさらに6~7%の削減を行う」としている。通常10月は出張者が増えるピークシーズンにあたるが、特に中国内地からの訪港客減少は影響が大きく、旅客数の下降は、全体の収益率を圧迫しているという。(11月14日)

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラムQ子どもの咳が続いています。  病気でしょうか? マイコプラズマ肺炎は、肺炎マ…
  2. 香港航空、機内エンタメ中止一部社員の給与払い遅延も 香港航空は先ごろ、1月から機内エンターテ…
  3. 冬の3大イベントは実施へ一部変更も安全を最優先に 大型イベントやコンサートのキャンセルと延期…
PAGE TOP