イケアの広告に「低俗」物議 セクハラと苦情申し立ても

イケアの広告に「低俗」物議
セクハラと苦情申し立ても

北欧家具店「イケア香港」が先ごろ公開した新商品「豆腐ソフトクリーム」の広告が、「低俗なセクハラだ」と議論を呼んでいる。問題視されているのは広告のコピー「隨時都可以嚟食我豆腐」の部分。中国語で「食豆腐」は女性に対するセクハラの意味があるため「いつでも来て」のコピーもあわせて、「低俗すぎる」という批判が相次いだ。「この程度は気にしない」「豆腐売りはみんなセクハラなのか」という意見もある一方、「香港性/別公義委員会」は「悪ふざけが過ぎる」と批判。「イケア香港」に対し公開で苦情を申し立てている。(5月10日)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 117号 香港ジャピオン(2019.10.14)★電子版はコチラからhttp://www…
  2. 西貢で座礁イルカ見つかる今年に入り座礁事故は39件「香港オーシャンパーク(海洋公園)保育基金…
  3. 旅行客激減で深刻な危機に旅游業議会から遺憾の声明「香港旅遊業議会」は10月9日(火)、「昨今…
PAGE TOP