「香港航空が業務停止」の噂 事実無根と法的手段も検討

「香港航空が業務停止」の噂
事実無根と法的手段も検討

 「香港エアラインズ(香港航空)」は1月5日(土)、同社のSNS「ウェイボー(微博)」上で「業務停止や会社清算申請などの伝聞は著しく事実と異なる」とし、同社は法的手段を起こす権利を有し、通常通り運営していると強調した。
 同社は「12月21日(金)から31日(月)のピークシーズンには1200便を運行、約25万人が利用しており、2018年全体の利用者は764万人を超え、年間目標を達成している」としたうえで、業務停止の噂の発端となった保険会社「ブルークロス」との業務提携は無いとしている。(1月5日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP