「沙中線」が来年一部開通へ 大圍から鑽石山まで時短に

「沙中線」が来年一部開通へ
大圍から鑽石山まで時短に

MTR(港鉄)が開発を進めている「沙中線」の大圍~紅磡エリアについて、来年第一クォーターにも一部開通する見込みであることがわかった。
同社は「顯徑駅」、「鑽石山駅擴建部分」と「啟德駅」の3駅から運用を開始する。運輸及び房屋局の陳帆局長によると、MTRはすでに安全確認をしているという。
MTRの劉天成総監は「現行では大圍~ダイヤモンドヒル(鑽石山)間の運行に17分かかるが、新路線では所要時間を10分短縮できる」としており、ピーク時の「東鉄」への乗り換え誘導にも効果があるという。(7月18日)

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 連休前半も入境者17万人減旅行、小売り業界の苦境続く 入境事務処の最新の統計資料によると、国…
  2. 116号 香港ジャピオン(2019.09.30-10.07)■電子版はコチラからht…
  3. 赤十字が献血を呼びかける目標水準約60%に落ち込み「香港赤十字会輸血サービスセンター」は10…
PAGE TOP