「沙中線」が来年一部開通へ 大圍から鑽石山まで時短に

「沙中線」が来年一部開通へ
大圍から鑽石山まで時短に

MTR(港鉄)が開発を進めている「沙中線」の大圍~紅磡エリアについて、来年第一クォーターにも一部開通する見込みであることがわかった。
同社は「顯徑駅」、「鑽石山駅擴建部分」と「啟德駅」の3駅から運用を開始する。運輸及び房屋局の陳帆局長によると、MTRはすでに安全確認をしているという。
MTRの劉天成総監は「現行では大圍~ダイヤモンドヒル(鑽石山)間の運行に17分かかるが、新路線では所要時間を10分短縮できる」としており、ピーク時の「東鉄」への乗り換え誘導にも効果があるという。(7月18日)

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラムQ子どもの咳が続いています。  病気でしょうか? マイコプラズマ肺炎は、肺炎マ…
  2. 香港航空、機内エンタメ中止一部社員の給与払い遅延も 香港航空は先ごろ、1月から機内エンターテ…
  3. 冬の3大イベントは実施へ一部変更も安全を最優先に 大型イベントやコンサートのキャンセルと延期…
PAGE TOP