できるオトコの接待File.2「WA Theater Restaurant」~独創的なフレンチ懐石~

 


WA Theater Restaurant
ワ シアター レストラン

繊細で、独創的なフレンチ懐石料理でおもてなしを


 

 

 日本の風情を感じる空間

西貢にあるフレンチ懐石料理の「WA Theater Restaurant」。レストランの前には、海が広がり、都会の喧騒から離れ香港にいるのを忘れさせる。

畳敷きの和室でゆっくり料理を堪能。香港の喧騒から離れて都会にいることを忘れてしまいそうな空間だ。

同店のシェフはフランス、東京、京都などの名店で修業を積んだ長屋英章氏。

料理には「食材・水・空気」など、できる限り日本の物を届けたいという長屋氏の想いが込められている。「水」は日本の食材を活かすため世界自然遺産白神山地の超軟水を空輸して使用。3年間、蔵の中で熟成発酵させ日本の「空気」を十分にはぐくんだという蔵囲昆布はこだわりの「食材」だ。

 独創的なフレンチ懐石料理

「僕の自己紹介替わりです」と語るコースの一皿目「おとぎ話~朝露の風景から」は、フランス、京都、北海道など長屋氏にゆかりのある土地の食材を使用し創作的に仕上げている。

長屋氏にゆかりのある土地の食材を使用した「おとぎ話~朝露の風景から」 独創的な盛り付けは、竜宮城の玉手箱からインスピレーションを受けたそう。

 

「料理は、食材を超えることはできません」と語る長屋氏の料理は、食材を組み合わせることで本来の旨みを引き立たせる。甘みを加えたければ、砂糖を加えるのではなく、あえて苦みのある食材を添えることで甘みを引きたたせるという。

大切ななおもてなしに、ここでしか食べられない独創的なフレンチ懐石料理を五感で楽しんでいただきたい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ミニバスアプリ22年に登場 フェリー路線も復活、活性化林鄭月娥行政長官は10月10日(水)に…
  2. 政府、ランタオ埋め立て計画 住宅不足と就業機会対策へ香港政府は10月11日(水)、ランタオ島…
  3. 「山竹」後全域でビーチ封鎖 10月末にレパルスベイ再開康楽及び文化事務署は10月11日(木)…
PAGE TOP