ホコチューNo.28「株式会社ダイオーズ香港会社社長」福光 博一さん(2018.1.1)

No.28(2018.1.1)香港の中心でアノ時を語る(ホコチュ―)


株式会社ダイオーズ香港会社社長

氏名:福光 博一(フクミツ ヒロカズ)

経歴:東京生まれの東京育ち。慶応大学、東京大学を経て丸紅入社。1994年、丸紅香港の駐在員として来港。その後、香港日本人倶楽部の事務局長を経て、2010年に株式会社ダイオーズ(本社東京)の香港法人を立ち上げて現在に至る。

2017年 更なる目標達成のために

 

 

 

 

 

 

鍛えられた駐在生活

小さい頃は大人しく、優等生、周りの期待に応えられるように勉強に勤しんだ福光さん。慶応大学に入学するが、一年後に目標としていた、東京大学を目指し再度受験。見事合格した。

1969年総合商社「丸紅」に入社。世界中を飛び回る生活を送る中、1976年スーダン(カルツーム)への駐在を命じられ、そこでの生活が福光さんの人生観を大きく変える。カルツームでの駐在員は福光さんひとり。英語もままならず、クライアントから電話があっても、名前を聞くだけで精一杯。それでも現地スタッフに仕事で使う言葉をメモ書きしてもらい、飛び込み営業で現地を駆け回っていた。私生活でも当時は物資も少なく、年に2回ヨーロッパまで生活用品を買い出しにいくという生活を送っていたが、「日本に帰りたいとは思わなかった」と現地の生活を振り返る。「あの頃の経験があるので、何事にも挑戦し続けられるし、明日世界のどこに行けといわれても驚きません」と語ってくれた。

 

1996年 丸紅香港時代、会社の同僚と

 

 

 

 

 

 

 

終わらない挑戦

1994年に丸紅の駐在員として来港。当時は香港人へのイメージはビジネスライクでお金に厳しい商人そのものだった。だが、地元の人たちと触れ合う内に、どこか懐かしい「江戸っ子気質」を感じた。お金にはシビアだがケチ臭くない。周りの人たちと助け合う姿に懐かしさと、居心地の良さを感じたのだった。

そんな香港に魅せられた福光さんが、丸紅を定年退職後も香港に残ると決めたのも自然なことだった。そして2010年に、オフィスで本格淹れたてコーヒーが楽しめる株式会社ダイオーズの香港事務所を立ち上げる。現在の目標は中国大陸への新規開拓だ。アジア売上げ50億円という本社目標達成の一翼を担うべく、「土台をつくり次の世代につなげていく」。その使命のもと今も挑戦は続いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 風邪は気管の上のほうで炎症が起きますが、気管支炎は気管の下のほうにまで炎…
  2. 孤独死の元人気女優葬儀に 芸能人やファンら500人11月3日(土)に赤柱の自宅で亡くなってい…
  3. 地下鉄駅構内で警官が発砲 朝ラッシュ時、市民ケガなしMTR深水埗駅構内で11月7日(水)午前…
PAGE TOP