ホコチューNo.24 「JAC Recruitment Japanese Division Senior Consultant」杉本 光弘さん(2017.12.4)

No.24 (2017.12.4)香港の中心でアノ時を語る(ホコチュ―)


JAC Recruitment Japanese Division Senior Consultant

氏名:杉本 光弘(スギモトミツヒロ)

経歴:香港滞在2年目。新卒でアパレルメーカーに入社、4年目に公募制度で香港に1年滞在。日本に帰国後も自身の成長の為に海外での就業を希望し、昨年10月からJAC Recruitmentで現職。香港女子ソフトボール代表コーチも務めている。

2017年現在 どこにいても常にトップを目指す

 

 

 

 

ひたむきな努力

「目の前のことを誰よりも努力すること。そうすれば次のステージへと登ることができる」杉本さんの信念はいつも変わることはなかった。

高校時代は、大阪大会ベスト16をマークする強豪野球部の主将として、70人の部員を引っ張り、多くの後輩の指針になるべく、野球だけでなく勉学でも睡眠時間を削り成績上位につけ、人を動かす存在となっていた。

高校最後の大会で肩を痛め、痛み止めを打ちながらの出場。この負傷で、大学入学後も、1年半の間はボールが投げられなかったが、肩を休めながら、鍛えられかつ、楽しみながらできる事を探しブレイクダンスなどを取り入れ、体を鍛えながら野球への思いを消さないようにした。そして在学中、その後香港でコーチをすることになるソフトボールと出会うのであった。

2014年当時 香港で    ソフトボールのコーチに

 

 

 

 

 

 

 

新たなステージへ

2010年、新卒でアパレルメーカーに入社。2014年、公募制度で1年間香港に行く。「出会う人、経験すべてが自分の成長につながっていました」と語る杉本さん。仕事では、どのように現地スタッフと仕事をするか、日本より幅広い職責にたくさんの学びを得た。

また、滞在中に引き受けたソフトボール香港代表女子チームのコーチも香港で得た貴重な経験のひとつだった。

帰国後、日本で働く中で「香港滞在時に比べ自分の成長スピードが落ちている。」と思った杉本さんは、16年、前職を退社。先輩の誘いもあり、香港にある人材会社「JAC」へ転職するのであった。営業とキャリアアドバイザーの両面を一気通貫でやる「JAC」のスタイルはお客様への提案のクオリティを上げることはもちろん、コンサルタントとして力がつく。杉本さんは今でも努力を惜しまない姿勢で、今年のトップコンサルタントに。「目指すはアジアNo.1の人材エージェントです」と語ってくれた。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 風邪は気管の上のほうで炎症が起きますが、気管支炎は気管の下のほうにまで炎…
  2. 孤独死の元人気女優葬儀に 芸能人やファンら500人11月3日(土)に赤柱の自宅で亡くなってい…
  3. 地下鉄駅構内で警官が発砲 朝ラッシュ時、市民ケガなしMTR深水埗駅構内で11月7日(水)午前…
PAGE TOP