医療コラム:虫歯を早めに治療した方がいい理由

 

虫歯を長期間放置していると症状が悪化し、治療期間が長引いてしまいます。そうなると、定期的に歯医者へ足を運ぶ必要があるため、時間的・経済的にも負担がかかります。

 

 虫歯は自然に治らない

歯医者に行くのが怖い、面倒だという理由で、治療を先延ばしする方も少なくありませんが、虫歯は自然には治りません。

虫歯を長期間放置していると症状が悪化し、治療期間が長引いてしまいます。そうなると、定期的に歯医者へ足を運ぶ必要があるため、時間的・経済的にも負担がかかります。

 

 初期の虫歯なら治療も痛くない?!

虫歯の治療というと「歯を削る」「麻酔を打つ」などの怖いイメージが先行しがちですが、虫歯になりかけの初期状態であれば、ブラッシングやフッ素塗布だけで済むこともあります。

また、実は初期の虫歯は削っても痛くないのです。重症化して虫歯の部分が広がれば広がるほど、後々の治療で痛い思いをすることになってしまいます。

 

 早めの治療と定期健診を

定期検診では、虫歯や歯周病がないかなどの確認、歯のクリーニング、ブラッシング指導、詰め物の不具合、粘膜に異常がないかなどをチェックします。

仮に歯を失ってしまえば、あとから取り返すことはできません。後から後悔しないためにも、お口の中のちょっとした変化にも敏感になり、早めの診察と治療を心がけることが肝心です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 香港ブラリ街歩き 「香港古街歴史発見一日散歩」2018年8月25日(土)10時~16時…
  2. 謙信アセットコンサルティング主催「海外で作る自分年金セミナー」ドル建て学資保険で…
  3. 目が痒い原因の多くはアレルギー性結膜炎です。薬物療法が基本ですが、日常生…
PAGE TOP