医療コラム:胃カメラ検査

 

胃カメラ(内視鏡)検査は、小さなカメラを使って食道や胃を調べます。がんの早期発見にも効果的です。

 

 40歳を過ぎたら1年に1回は胃カメラ検査を受けましょう

胃カメラ(上部消化管内視鏡)検査では、小さなカメラを使って食道や胃に、ポリープ、がん、炎症などが無いかどうか調べます。現在では改良が加えられ、胃や大腸、肺の検査にも内視鏡が利用されています。

胃がんや肺がんに加え、最近では大腸がんも増加しています。早期がんは、ほとんどの場合、治癒が可能だと言われています。内視鏡検査は解像力が高く、小さながんでも見つけることができるので、早期発見・早期治療ができるようになりました。

また内視鏡検査では、がんだけではなく、潰瘍やポリープなども発見することができます。内視鏡を使って、潰瘍やポリープの一部を取り出して検査することで、簡単に良性、悪性の確定診断もできるようになりました。

胃が痛い、なんとなく重い、むかつく、食欲がない、便がでにくく腹が張る、便に血が混ざるなどの自覚症状がある方は、早めに内視鏡検査を受けましょう。内視鏡検査を定期的に受けておくことで、がんの早期発見の確率が飛躍的に高まります。

また、自覚症状のない方でも、早期発見・早期治療のため、40歳を過ぎたら年に1回は健康診断とともに内視鏡検査を受けることをお勧めします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 風邪は気管の上のほうで炎症が起きますが、気管支炎は気管の下のほうにまで炎…
  2. 孤独死の元人気女優葬儀に 芸能人やファンら500人11月3日(土)に赤柱の自宅で亡くなってい…
  3. 地下鉄駅構内で警官が発砲 朝ラッシュ時、市民ケガなしMTR深水埗駅構内で11月7日(水)午前…
PAGE TOP